ライフオブニューヨーク

外資系不動産会社にて勤務。ニューヨークの魅力をご紹介するため、飲食事情、不動産のお話などなど活きた情報を日本人スタッフと共に現地からお届けします。

ニューヨークで人気の物件とは? 中古物件 VS 新築物件


皆様、新年明けましておめでとうございます!㊗️🎍

今年はイノシシ年、猪突猛進も大事ですが(笑)、今年も一歩一歩着実に、
切磋琢磨で一掃邁進して行きたいと思います✨
宜しくお願い致します。

さて、つい先日まで一時帰国@都心のとあるレジデンスにてカジュアルな形で
不動産セミナーを行って参りました。

以下写真上左側(テレビ横)は、
弊社でお世話になっている米国公認会計士(以下ジョナサン氏*)です。



セミナー


*現在40歳のジョナサン氏は30歳という若さで独立、
パートナーの1人は現在52歳、そして他2名のパートナーと、
30名のアソシエイトを抱える会計事務所までに成長しました。
Big 4と言われる大手会計事務所(pwcやデロイトなど)にもコンサルする程の
凄腕会計士集団で、
実際に私の不動産のお客様でも年間2億円程の節税に貢献してくださり、
信頼が置けて大変お世話になっております!



今回は、彼らは別案件でお客樣方と香港、シンガポール、そして東京と回っていたので、
タイミングを見計らって2日間半日づつお時間を頂き、
主にジョナサン氏には、海外事業展開に置ける基本的な税務システムの説明と
海外不動産投資の節税方法を無料でたっぷりお話頂くセミナーを依頼。
私はニューヨークの不動産投資の魅力をお伝えしながら、
数時間、お客様のご質問にも惜しむ事無くたっぷりご回答してくださいました。

米国ニューヨークで不動産投資をされるメリット

     安定した不動産価値・資産形成面からのメリット
     節税(新築 VS 中古市場)
     日本円の長期的な通貨価値に不安がある場合の資産分散
     相続

////////////////////////////////////////////////////////////////////////

<余談>
今週月曜からいつものライフスタイルに戻りました。
マンハッタンの朝は、(冬は寒いが)シャキッとできて好きです。
何よりも、街を行き交うビジネスパーソン達のエネルギーが東京と全然違う!!
久々にこの街に帰ってきて、今更ながらに感じました。

事務所について早速会議。
会話や電話会議などでのテンポよいやり取りに慣れるのに少々時間を要しましたが、
お陰様で一気に時差ぼけが吹き飛びました。

以下写真は月曜に行われた弊社Q1前期不動産サミット↓↓↓

NS SUmmit 1

NS summit


////////////////////////////////////////////////////////////////////////

さて・・・今回東京滞在中に不動産を少々見てきたのですが、
日本人でありながら普段ニューヨーカーに揉まれているこの感覚を持ったまま
東京での家探しやお客様の日本進出のための店舗探しをしていて強く感じた事を
つぶやきたいと思います。

今日は、新築を好む日本人のお客様へ・・・

”なぜニューヨークにはあれだけ古い建物が多いのに
常に在庫が少なく家賃が高いの?!”

という皆様のよくあるご質問にお答えしたいと思います。

Loft


日本では、地震が多く、近年では耐震性構造の住宅が重視されますね。
勿論、昔は耐震性の住宅なんて考える建築業者も少なかったので古い住宅よりも最新の耐震性構造を兼ね備えた見た目も人気のモダン住宅が好まれます。
見た目だけでなく勿論構造重視というのはいいのですが、
ただ皆と同じく「新築がいい」という風潮が昔からあるのも事実。

reason why not buying old properties


一方、アメリカでは新築・中古ともに存在しますが、
新築は最近どこも同じようなスタイルで個性や味わいが無いと捉えられます。
アメリカ人は「個性」を非常に大事にする国民です。
双方間の意見の違いを比較してみると、家の選び方や人生設計の仕方なども、
国民性に強く出ているなと思います。

アメリカでは、「人生の段階毎に選ぶ家」も変わってきますし、
資産運用の教育を確り受けてきているアメリカ人は、

「家の購入は、一生で一度の買い物」と捉えません。

30代にはつつましく生活をして過ごしますが、しっかり日本人のように節約をします。

第一、日本のようにB級グルメ店もその辺にさほどないので、

若く低給与の新入社員は家で料理したり、ピッツアにビールで終わりといったように
かなり質素な食生活です。

日本人からすると「食に対して興味が無いアメリカン」と」思うかもしれませんが、
ニューヨークではそもそも家賃が日本の2〜3倍以上高いので、

毎晩仕事帰りにちょっと一杯飲んでから帰宅

なんていう日常生活を送っている人はそう多くありません。

お気持ち、わかります・・・激務後のビールの喉越しの美味しさったらありませんから。

しかし、そんなライフスタイルは、一般市民のアメリカ人からしてみたらかなり贅沢です。
では、彼らはどこでお金を使うのか?

それは、外食も我慢して貯めたお金でローンを組み、
まずは30代前半で安い家を買います。

40歳くらいになって昇格したり、いいボーナスが入って
10年寝かせた不動産が倍近くなると、
今度はそれを売却して、老後に自分や将来住める様に、
更に住環境のよいところに

「将来の自分のためのマイホーム」
を買います。

ここでポイントですが、アメリカ人は、中古住宅を低価格で購入し、
リノベして価値を上げ、

転売する手法を使っている人が多いので、日本で言うホームセンターのようなどでかいショッピングセンターがいくつもあります。ホームデポやロウズがその代表ですね。


Home Depot
Home depot
 Home Depot 店内の様子
Home depot2

Lowe's 
Lowe's
Lowe's 店内の様子
Lowe's2


日本では、「曰く付きホーム」なんてフレーズが出回っていたりするおかげで、
中古物件で「安い」と聞くと「何かあったんですか?」などと怪訝な顔をされます。

イギリスやフランス等ヨーロッパでは、昔牢獄→パン屋→工場→そして住居ビル

が建てられたなんていう歴史を話すと、
時代によって変化してきたという「歴史」が重んじられ、
また逆にそんな歴史があっても過去に誰かがずっとそこに住んできたということが
「安全の証」であるとかなりポジティブに捉える人も多いです。
New vs old


また、アメリカ人に限らず、外国人はホームパーティーが好き
なので、新築どうのこうのよりも広い家を好む人が圧倒的に多いのです。

ですから、投資物件の購入をご検討中の方は、あなたご自身が
「こんな素敵なお家に住んでみたいわ」
という価値観をもって投資に挑むのではなく、

「いつでも誰にでも売れる家」と割り切って不動産投資を行うことが成功の鍵です。

統計では、イギリス・フランス・カナダでは、
家の状態が古くなればなるほど住宅価値は上がって行きます。

アメリカでは、いい学区内に家があるかなどが重要で、
きちんと手入れをしていれば住宅価値が上がる事を知っています。


existing properties

日本人は、価値が下がる事を知っているのに新築を買う。
なぜか?と思い調べてみると・・・

old properties graph

reform 3

納得・・・。情報が少ないのですね。とそこで・・・
弊社では、内装工事の業者、保険会社仲介なども行っております!

〜ちょっと宣伝〜


①     【不動産売買に関する弊社サービス一覧】
·         不動産視察ツアー・物件探し無料
·         不動産売買・賃貸業務仲介全般無料
·         不動産管理業(毎月の家賃出納業務/オーナー様への管理報告/入居者対応/固定資産税などの支払い代行業務を月額賃料の10%にて行っております。空室の場合は月額$100となります。)
·         住宅・商業店舗もしくは事務所の発掘、調査など(別途手数料いただく場合もございます)
·         インテリアデザイナー、内装工事業者、デベロッパーや建設会社のご紹介・仲介業務   ・・・等
 
②     【コンサルティングワンストップパッケージ内容】コンサルティング業務は提携先コンサルティング会社を通しますため有料になります。お客様のご依頼される内容により費用は異なりますので、随時ご相談ください。

·         会計士ご紹介、仲介業務・・・節税メリット・資産形成におけるアドバイザリ翻訳・通訳業務、米国銀行口座新規開設斡旋
·         起業もしくは新規事業の設立に必要な登記業務仲介、翻訳・通訳
·         移民法・会社法などの専門弁護士紹介、仲介業務
·         リスク指摘・管理の際のトラブルシューティングなど
·         店舗リーシングの際に伴う許可申請仲介業務    ・・・等


次回は、リフォーム(アメリカではリモデルといいます)について
触れたいと思います!

 
 
それでは、引き続き本年もお付き合いの程よろしくお願いいたします。
ご質問など何かございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください!!

では、Happy Investing in NY!


Akiko Osaka
NYS. Lic. R.E. Agent
(ニューヨーク州公認不動産取引士)
Nest Seekers I N T E R N A T I O N A L
587 Fifth Avenue, 5th fl.
New York, NY 10017
Phone: (212) 203-3064
New York, Hamptons, Los Angeles, New Jersey, Miami, LONDON
 
  1. 2019/01/31(木) 09:53:02|
  2. 投資家情報
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

今がチャンス!「店舗貸します」が急増のマンハッタン。あなたもニューヨークに出店しませんか?

こんにちは。
もう5月というのに、まだまだ寒いニューヨーク。
この時期はいつも天気が安定せず、雨が続いていたかと思うと一気に夏!です。

さて・・・
最近マンハッタンを歩いていると空き店舗が目立ちます。
今後ニューヨークで事業展開をご検討中の経営者の方へ お話です。


今後マンハッタンで出店計画をされている事業経営者の方へ


retail-space-available



既にここ現地に店舗をお持ちのビルオーナーさん・店舗オーナーさんで
既存店を売りに出す場合はこの時期好都合です。

例えば投資家をランチやディナーに招待して、お店にお客様が入っているか、味に問題が無いのか・・・など、
商売繁盛を現地でアピールできるのが特権です。
 

例① 日本の信用は審査対象とならないので注意。
現地でいかにやって行けるかをアピールしましょう!
 

つい先日からお手伝いさせて頂いている日系飲食店のオーナーさんは、日本では100店舗以上あるのに、ニューヨークでの新規事業開発にあたり財務諸表の提出を要求されたり・・・と幾分後味悪い思いをされておりましたが、こちらは日本と違い、保守的社会。マンハッタンには、本当に世界中から多くの経営者がやってきては、例えば自国からのご出店前の情報入手不足でその店を閉めざるを得なくなった・・・という経営者も実は多くいらっしゃいます。
 
米国外の店舗が成功していても、世界中の人々が集まるここニューヨークで信頼を得る(説明をする)というのは本当に簡単ではないのです。日本では契約が簡単でも、ここニューヨークは、現金よりも「信頼(クレジット)」が重要視される街です。最初の段階は多くの書類提出など、確かに大変ではありますが、それはどこの業者を使っても同じ。書類の準備が面倒だからと別の業者を雇う・・・など、ビルのオーナーを上手く扱える業者は存在しません(レントなどの交渉事は別ですが)。
常に空室率が低いここマンハッタンでは、その物件の賃貸契約も常に争奪戦。
申請手続きには常に2−3社とライバルが存在し、競争相手がいる場合、
米国内に既存店がない事業に対するオーナーやマネージメントの審査は、かなり慎重といっていいでしょう。

審査対象のひとつとして、書類提出の他にも会社(店舗)のウェブサイトも彼らの審査判断基準になりますので、ウェブ制作にも力を入れられるといいでしょう。
これは、店舗だけでなく、例えば画廊を探される場合は、
取り扱うアーティストの作品内容や、後援者リスト、また過去3年間の活動履歴書等に加え、アーティスト自身のウェブサイトも売り上げの評価対象になりますので、
彼らの判断基準プロセスは同様になります。
 
また、ウェブサイトは、今後現地ニューヨークで人事採用をする際にも、
質の高い人材確保に大きく印象を与えます。
きちんと売り上げられている御社でこそのこまめなアピールも重要ですね。

そして、オーナーからのOKが来ると、後は値段交渉です。


例② 値段交渉の仕方とタイミング

(実際の交渉テクニックについては公開致しません)

 
★どんなビルが狙い目?

この時期空きが多く市場はソフトなので、古いビルオーナー物件が狙い目です。
ただ、居抜きの場合はキッチンがそのまま使えるかが重要ですのでご自身のを売りに出される場合は綺麗にしてから(ここがポイント!)でないと売れ残ってしまいますので
注意が必要です。
 

★探す時の注意点は?

京都から出店されたとある日系の御食事処(バー付)のお店も、以前はEast 28stにあってアッパーイーストに引っ越してしまったのですが、理由はビルディングをDemolish(取り壊し)されることとなり出て行かざるを得なくなった・・・ということだったようです。

居抜きの店舗を決める前に必ずビルオーナー情報も入手しましょう。店舗を出される場合は、しっかりとビルオーナーやテナント履歴、バイオレーションがないビルかどうか調査(または依頼)をしてくださる親切な(経験ある、は誰でも言えます)不動産業者を探しましょう。


★適材、適所、法則に従ってやるが一番

日本での常識とアメリカ、商習慣は全く違います。
知らない、聞かない事は教える必要がないのがこちらの「常識」です。
生半可な知識でひとりでやろうとする人がいますが、ほとんどと言っていい程、周りに迷惑をかけるか、失敗しています。

厳しい言葉ですが、そのための契約があり、不動産業者・弁護士が存在するのです。
筋を通して道理に従ってやる、ぬけがけは必ず痛い目に遭ってしまいます。事業を失敗しないためにも、
適材、適所、法則に従ってやるが一番です。


もっとディープな値段交渉とタイミングのお話については、また次回に続きます。




※不動産会社の選び方・・・
住宅でなく、日系企業や日系飲食店舗を対象としている日系(米系でもいいですが)不動産会社は限られておりそう多くは有りませんから、少なくともマンハッタンで10年以上継続して大手企業と取引している信頼できる不動産業者にコンタクトしてみましょう。


ご不明点などございましたら、どうぞお気軽に弊社へご連絡ください。

 ◎お電話でのご連絡(米国東海岸時間の平日9am-6pm)

Nest Seekers International 
587 Fifth Avenue, 5th fl. 
New York, NY 10019 
Office: 212-252-8772 
Akiko@Nestseekers.com 
直通:1-212-203-3064 

Image result for





※注釈※
私どもは不動産業者ですが、ここ米国では不動産業者はブローカーという言い方をします。
日本でブローカーは聞こえ悪いですが・・・汗
 
  1. 2018/05/23(水) 14:06:32|
  2. 投資家情報
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

米国不動産投資でグリーンカードを取得!(期間限定情報)

こんにちは。

今回は、一定の資産さえあれば 不動産投資で誰でもぐローンカード(永住権)を取得できるお話です。ビザの取得や期限を気にする必要ももうございません。

 
liberty

通常、グリーンカードの取得には以下のような高いハードルが存在します。
・米国企業からのスポンサー
・アメリカ人との結婚
・ロッタリー(宝くじレベルの当選率の抽選)
・アメリカ人以上に卓越した能力やスキルなど

いずれも該当しない方が大多数・・・



【永住権で米国生活をご検討中の方、こんな方にお勧めです】

◆定年退職後はハワイにリゾートを買って暮らしたい
◆米国で事業を始めたい
◆アメリカに別荘を購入して自由に行き来したい
◆お子様や孫をグローバルに育てたい 

【そんな方には※
EB5による永住権の取得をおススメします】
EB5とは・・米国移民法により定められた政府公認のアメリカ永住権を取得する投資永住権プログラムです。規定の金額をアメリカの企業やプロジェクトへ投資する事で、グリーンカードを取得し、米国人と同等の生活、教育、ビジネス環境を享受することができます。

通常のEB-5の規定だと、下記2つの条件を満たさなければ
永住権の獲得には至りません。

★米国内に約1億(100万ドル)以上の投資
★最低10名以上のアメリカ人直接現地雇用 


【期間限定】
今なら時限立法
(立法期限:2018年9月30日)により

通常の半額でEB-5投資永住権プログラムに参加可能です!
極端に言えば、資金さえあれば永住権を取得可能なのです。

特別な能力や学歴、英語力、運も必要ありません。
さらに、投資した本人だけでなく、配偶者、21歳未満のお子様と、

家族全員が一度に永住権の取得が可能です。


manhattan


【条件】
 ①100万ドル程度の資産をお持ちで50万ドル(総額55万5千ドル)の投資が可能な方
 ② 過去20年で犯罪歴が無い方

【弊社サービス内容】
 
★管理は全て弊社で行います。投資なので、リターンも期待出来て自ら運営や管理に参加する必要はございません。 
 
★弁護士・税理士/会計士のご紹介致します!日本語可。 

 

お問い合わせはこちら

事務所住所: 587 Fifth Avenue, New York, NY 10017 
(ロックフェラーセンターより徒歩2分)
メール: akiko@nestseekers.com
お電話:     +1-212-203-3064
LINE(無料電話):   chickpea37
SKYPE:                          akiko osaka

Akiko Osaka

Akiko Osaka
ニューヨーク州公認不動産取引士
587 5th Ave
Fax: 212.252.9347


大坂 晶子 (アジア部門代表)

皆様へ

日頃のご愛顧大変感謝致します。10年以上の経験の中、世界で活躍する多国籍のお客様、日系大手企業の役員・駐在員まで、多くのお客様にご利用頂いており、今後もニューヨークで新たに生活を始められる方々へ、お住まい・事務所探しの仲介をさせて頂いております。英語が不安でも、不動産の仲介だけでなく、日本人カスタマーサ―ビススタッフによる真心こもったきめ細やかなカスタマーサービスをご提供致します。皆様のお仕事にお役立て出来れば何よりでございます。

弊社は全米展開している全米メディアも話題の大手総合不動産会社です。日本部門では、ニューヨーク市内および郊外を中心としたハイエンドの高級住宅(コンドミニアムやタウンハウスなど)賃貸・売買、商業スペースリース、店舗仲介を行っております。住宅・商業・投資のご相談から改装等、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

With 10 years of Real Estate experience, Akiko has worked with celebrities, Japanese major corporations, and affluent clients. She has strong negotiation skills and can quickly sale/rent for your properties. Services available: ●Residential Townhouse Sales/Rentals ●Condominiums Sales/Rentals ●Commercial Retail / Office space for Sale/Rent ●Vacation / Relocation Short term Rentals





【EB-5に関する情報(移民局より引用)はこちら】
●移民局投資センター https://www.uscis.gov/eb-5 
●EB-5ビザについて https://www.uscis.gov/working-united-states/permanent-workers/employment-based-immigration-fifth-preference-eb-5/about-eb-5-visa-classification

manhattan2

 

 



  1. 2018/05/11(金) 21:40:09|
  2. 投資家情報
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

権限保険について

権限保険について (最新記事はこちら):
http://nyfudosan.blog.jp/archives/6848037.html

insurance.jpg
  1. 2018/01/31(水) 11:13:33|
  2. 投資家情報
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

減価償却の活用について〜基本編〜

ブログをお引越し中です。
「減価償却の活用について〜基本編〜」の記事はコチラ

lucious housing
  1. 2018/01/29(月) 16:29:59|
  2. 投資家情報
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0
Next page