ライフオブニューヨーク

外資系不動産会社にて勤務。ニューヨークの魅力をご紹介するため、飲食事情、不動産のお話などなど活きた情報を日本人スタッフと共に現地からお届けします。

教育に関して〜学区はどこがいいの?!編〜

教育に関して〜学区はどこがいいの?!編〜


こんにちは。記事担当をさせて頂きます宇賀と申します。宜しくお願い致します。

私は米国在住20うん年になるのですが、当社のJapan deskチームに移ってきてからというもの、

日本のお客様とアメリカのお客様の意見を比較し、そしてそのやりとりを傍で見てきて、いつも違和感を感じていました。

あくまで、私一個人の客観的な意見ではございますが、

これから赴任を控えている、もしくは不動産購入をご検討中の皆様へ、

情報提供のお役立てができたらと思います。

 



✳️トピック①✳️ トップアイビーリーグへの入学争い。毎年受験熱が加速しています!

トップアイビーレベルでは、毎年受験熱が加速しています。



アイビーリーグへ入学する学生たちの期待される学力レベルは、SAT(統一試験)で全科目満点をとるくらいはごく普通といった調子です。

願書提出者の過半数は、学力レベル的には進学できておかしくない学力レベル。

現状、進学コンサルタントや進学塾を使う親もいるほどです。一昔前(?)の日本人みたいですね。

トップアイビーリーグの入学者・卒業生のほとんどは、インド人・中国人・そしてユダヤ系アメリカ人。

15〜20年前には、日本人ばかりだったようですが、当たり前のようですが今後はインド人・中国人が台頭していく世界にあります。

自分の子供の願書にハクをつけるために、親御さんがわざわざアフリカやチベットへ子供を送りこんでボランティアさせる時代はもう

珍しくありませんね。

もっと面白いのは、子供達にボランティア体験について聞くと、

「俺たちは別に興味は無かったけど、母が行け、というので。退屈だった。」

・・・・涙。

一方、このトップアイビーリーグ大学群もビジネス。

学生選別は競争ですので、ゼロサムの中レベルは加速するばかりです。

現在、ハーバードに至っては、世界各国で最も優秀な高校を首席で卒業しても落選する生徒が山ほどいる、

そうそう入学できないスクールレベルです。

申請者は世界レベルで増えるばかり。

スタンフォードにおいては、合格率は年々下がって2016年最新の数字では5%を切りました。

モンスターペアレンツにこんな調子で育てられて、合格しない子供のほうが圧倒的に多い。

親の過度な押し付けから「ハーバードの近所の名門公立校在校生の自殺」が社会問題化しました。

受ける前から、受からないかもしれないというストレスが原因で、自殺。。。

子供の真の幸せとは何でしょうか?

彷徨っている親御さんからの悩みも尽きない。



✳️トピック②✳️ 現地の不動産業者が現地について言及してはならない事柄



学区について

Image result for school


◆◆◆

アメリカも、日本人以上に教育熱心な親御さんで溢れています。

人口の上半分は、「良い学区」に家を買うことに、大きな執念を燃やします。

米国のランクの高い私立は、日本で言うインターナショナルスクールほど学費が高いと言われます。

(年間2万〜3万ドルが普通。1万ドル以下の私立は、教育レベルは一般的に低いとされる)

学費を考慮すると、良い学区に高い家を買ったほうがベターではあります。

問題の一端はデータが豊富にあることにもあるでしょう。

ですから、お客様も現地不動産屋に聞くしかない!というわけです。

多くの方はご存知ないですが、米国では州ごとにどの公立学校も成績表を調べることができます。

人種比率、低所得者層の比率(給食無料または補助のあるお子さんの比率)、州の統一テストのランキング、

学習障害児の比率、卒業率、2年制/4年制大学進学率、すべて調べればわかります。

行動する力のある親御さんにとっては便利この上ないですね。

社会的弱者と強者との間の格差は、どんどん加速する仕組みというわけです。


納税者に対する究極の情報トランスペアレンシー(透明性)が担保されているのが米国公立の仕組みでもあります。



日本でなら、「文△区や世○谷区の学校はいいのですが」といったある程度のイメージはついても、

ここまできっちりデータ開示されていませんね。


ある意味では、日本もデータ化した方が、移民に取ってもウェルカムですが・・・

その結果、同じレベルの物件でも学区によって、不動産価格は全然違ったりします。

そして、前置きは長くなりましたが、このような問題についての業者の立場からの視点です。

***学区の良し悪しは、米国内では人種問題についてのセンシティブな情報の一環であると認識されてきています。


日本人のお客様には、そう言った視点がありません。

実は、どこでも皆似たもの同士で住む傾向があり、アメリカでも

「黒人比率が高いエリア」「ヒスパニック系ばかりが住んでいるエリア」

「白人中心のエリア」「アジア人比率が高いエリア」など、人種的なコミュニティがたくさん存在します。

一見、都市レベルでは、人種ダイバーシティが実現できているように見えても、

郵便番号で識別したり、学区レベルでは、どこも、偏りのほうが多いわけです。

そして、黒人比率の高い学校、ヒスパニック比率の高い学校は、白人やアジア系の比率の高い学校に比べ、

多くの場合、成績や治安という観点からは良くないことが事実上一般的です。

さて・・・話を戻しますと、

私ども不動産業者は、均等法(Fair Housing Act)を守る義務があるため、人種、性別、宗教上の言及はしてはいけないことになっています。


・・と、ライセンス取得時に教育を受けます。

(正確には、 race, color, religion, gender, disability, familial status, marital stattus, or national originすべてが対象)

「このエリアは、黒人の方が多く、ご予算は合いますが、白人のあなたには住み心地はよくありませんよ」

などとは、間違っても言ってはいけないわけです。。。それが、日本人のお客様であっても、です。

今時その様な発言で処分になる業者は流石にいないかもしれませんが、しかし・・・


更に一歩踏み込むと、皆様が気になる学区についても、

「この家の指定学校は、州のランキングが低いです」といった発言は、現状、成績が人種にリンクされている状況を踏まえると、

実質上、人種差別的なトーンを伴ってしまう可能性がある、というわけです。

例えば、あるNPOの覆面調査(不動産業者に対し、顧客のふりをして調査員が連絡する)が存在するほどです。

その為、全米不動産協会は、「学区の良し悪しについては、言及方法は十分留意しましょう」という注意を呼びかけています。

Steering, Schools, and Equal Professional Service

では、法的にトラブルになりにくい回答方法かというと、以下のような例が出ています。



★ だめな例

顧客        「ここの学校はいいですか?」
不動産エージェント 「州のランキングは高くないですね」


☆ 良い例

顧客        「ここの学校はいいですか?」
不動産エージェント 「お客様にとって良い学校とは、どの様な学校ですか?」


つまり、不動産業者が自分の判断で学区レベルは決して言わずに、お客様が何を求めるかをまず聞き出し、そこからご提案として、

「回答内容に応じ、学区のウエブサイトなど、客観的な情報を掲載している外部のウエブサイトを紹介し、業者からは明言を避けよう」

というわけです。


お客様にとってもベストな方法は、

🌟 その学区を気にいるかどうかは、ご自身で学校訪問をし、教員とコミュニケーションをし、授業の様子を見て、ご自身でご判断ください。

🌟 違う学校圏の家をいくつか内見し、近所の様子を見る。。



また、これはあくまで私どもの意見ですが、

よくある”昔アメリカに住んでました” 親御さんの口コミサイトなんかは、どうなのでしょうか。。。

一般人がよく見るZILLOWの提携しているGREATSCHOOLS.ORGなんかは、言及がないのでベターでしょうか。

業者に対して、

質問にストレートに答えてくれない時、「気が利かないな」とか、

「言っていることを理解してもらえていないのかな」

とお感じに思われることがあるかもしれません。

「いい学校については、お客様がお調べになってください」、とか、

「学校の良し悪しは、人それぞれの考えじゃないですかね、、、」

とか回答されて、「知識がないのか? やる気あるのか?」とむっとされる場合もあるかもしれませんが、

業者としてはは、立場的に、言えないということが、あるわけで。。。

もちろん、購入者にとっては、確かに決定的な情報ですね。

当社は、アメリカの大手会社ですので、あくまでの弊社ジャパンデスクの日本人エージェントに

”人気のエリアを探してもらえる可能性もあるとは思いますが、ご自身が住まれるにせよ、投資用にせよ、

ご自身がイニシアチブを行使し、地元情報通にならざるをえない” 場面ではあります。





・・・続く。



宇賀

  1. 2017/10/09(月) 13:53:56|
  2. 駐在員の方へ
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

【ウェストチェスターの小学校特集①Greenville】

皆様、こんにちは。

本日は、WestchesterはScarsdaleエリアのGreenville小学校のご紹介です。

・・・とその前に、スカースデールとは何ぞや?という方へ

日本の駐在員だけではなく、現地富裕層のアメリカ人やヨーロピアンの親がこぞってこのスカースデール市にやってきます。

理由は、何と言っても教育環境にあります。


郊外の家は緑に囲まれ、広いプールやテニスコート・バスケットボールコートなどを自宅敷地内にもつ
富裕層の若い親御さんたちがこの名門スカースデールに自宅購入を目指してきます。

スカースデールの中でも、意外と日本人に知られていないのは昨年も学力全米一位ランキングに輝いたエッジモントというエリアに、このGreenville(小学校)がございます。



今日は、このスカースデールの魅力について記述しようと思います。

Image result for Scarsdale New York


スカースデール駅周辺




スカースデールの家特集(参考まで)
Image result for Scarsdale New YorkImage result for Scarsdale New York



・・・弊社では、プール付きとは言わないまでも、日本では夢のような大きなお庭がついている賃貸も扱っております!

3ベッドルーム$4,500/月(約45万円)~





話を戻しますと、このGreenville小学校がある町・エッジモントは、

古くからの名門であるため、卒業生も多くハーバード大学やイェール大学などといった
アイビーリーグに進む学生を多く輩出しています。



ここの小学校を卒業していった多くの著名人や、芸能人もいます。



Greenville小学校裏庭の風景



IMG_0660.jpg 

広々としたグランド、奥にはバッティングスペースがございます。


IMG_0661.jpg 

ドライブウェイ周辺

IMG_0664.jpg 

Image result for Greenville school edgemont ny

敷地内、学校外観


Image result for Greenville school edgemont ny

エントランス


Related image


授業の様子

Image result for Greenville school edgemont ny

コンピューターの授業も。


+++

写真撮影はできなかったのですが、体育館と図書館が2部屋ずつあります。


School Taxが高額のエリアだけあって、教育設備が充実しており、大変環境に恵まれております。



弊社では、郊外はスカースデールの物件のみならず、日本人駐在員に人気のRyeやHarrisonなどといった近郊の
学校情報の紹介や、生活お役立ち情報なんかもご提供しております。



ご家族帯同のニューヨーク駐在が決まったら、ぜひ弊社にご連絡ください。
弊社では、賃貸物件の選択から契約、電気やガスといったライフラインの開設まで、スムーズに新生活を始められるように
駐在員ラクラクパッケージをご用意しております。

また、日系不動産会社に比べ、在庫・管理物件数は3倍!

日本人スタッフ達のきめ細やかなカスタマーサービスがございますので、安心です。
すべて、日本語でサポートいたします。

どうぞよろしくお願いいたします。



あき

Japan Division 代表・大坂
ニューヨーク州認定不動産取引士

Nest Seekers International

587 Fifth Avenue, 5th fl.(5番街事務所)

直通:+1-212-203-3064

akiko@nestseekers.com









Read more
  1. 2017/05/17(水) 16:44:42|
  2. 駐在員の方へ
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

快適赴任サービスパックのご案内

駐在員のお客様へ安心・快適な新生活を始めていただくために



弊社では、ご赴任される皆様とそのご家族が安心してスムーズに快適なアメリカ生活をスタートできるよう、

短期サービスアパートと長期住宅斡旋を組み合わせた「快適赴任サービスパック」をご用意いたしました。

日本とは異なり、何万とある物件数の中で、初めてニューヨークに来られる方にとって住居探しは時間がかかります。

世界中から集まる個人オーナーから法人オーナーまで、その人種も様々。

そこで、弊社では物件検索から面倒な契約事、交渉、ご入居、そして退去・帰任された後まで、

お客様の満足のいくお家探しをさせて頂きます。


     

情報収集~お申し込み            短期サービスアパート                 住宅斡旋  



物件のリサーチお問い合わせは、こちら
米系だから、物件数が豊富!日系不動産会社と違い、データベースに載った物件だけではなく、
弊社だけがご紹介できる物件も豊富に取り揃えております。全て日本語で対応致します。

日本では入手が難しい地域・学校情報もWebsiteの「お役立ち情報」をご利用ください。

「快適赴任サービスパック」へお申し込み
ご赴任日にあわせサービスアパートをご用意すると共に、

長期住宅担当エージェントがご連絡を開始します。

短期サービスアパートにご滞在
価格、サイズ、ロケーションなど、ご希望に最も近いお部屋をご用意します。
全室にキッチン、バスタブ付きのバスルーム、無料ハイスピードインターネット、ケーブルテレビ、電話サービスを完備、炊飯器などの電化製品、キッチン用品も充実したサービスアパートでご赴任一日目から快適にお過ごしいただけます。
長期住宅ご案内
経験豊富な専門エージェントが、街や学校などの地域情報も含め、懇切丁寧にご案内いたします。物件が決まると、会社の規程にあうように契約条件を交渉し、電気・電話・インターネット・サービスエレベーターなどの申し込みを代行します。

お引越し
長期住宅ご入居日には住宅担当が立会い、お部屋の説明を行います。大きな荷物があり、別途大型バンが必要な場合はご相談ください。弊社で引越し業者を手配致します。(料金別途)



物件保有数は米系不動産会社でもトップクラスです。

質、量ともに充実の短期サービスアパートをご提供いたします。

マンハッタンで約300室の家具付きサービスアパートを有していますので、

急なご赴任、ご予約にも問題なく対応致します。

また、様々な価格、ロケーションをご用意しておりますので、

お客様からのあらゆるご要望にお応えいたします。

弊社がカバーする地域すべてにおいて不動産協会の会員です。

全専属物件を網羅する物件データベースを元に、

お客様に最適な物件を絞り込みます。

また、豊富な自社管理物件や米系の家主ネットワークから得る物件は

弊社独自のものです。

ニューヨーク州全域を全てカバーしています。

マンハッタン・ウエストチェスター、クイーンズ、ロングアイランド、

ルーズベルトアイランド、ブルックリンのすべての地域をカバーしています。

ニューヨーク州以外のリロケーションのお問い合わせは、

弊社マンハッタンヘッドクオーター事務所までお問い合わせ下さい。

複数の地域を見学される場合もそれぞれの地域に

精通したエージェントが地域ごとにご案内にあたります。

nestseekers_gradient_logo-copy.jpg

Nest Seekers International
587 Fifth Avenue, 5th fl.(5番街事務所)
直通:+1-212-203-3064
akiko@nestseekers.com

Akiko Osaka
Akiko Osaka

大坂 晶子 (Japan division代表)

皆様へ

日頃のご愛顧大変感謝致します。約10年の経験の中、アメリカ人のお客様はもちろん、日系大手企業の駐在員、

セレブリティ・アーティストから学生、中東・ヨーロッパを含む多国籍のお客様まで、

お住まい・事務所探しの仲介をさせて頂いております。過去に積んだ経験と知識が、

皆様の契約交渉・成功の秘訣に役立っていれば、何よりでございます。

弊社は全米展開している大手総合不動産会社です。

全米メディアも話題のライアン・サーハントは弊社を代表するブローカーです。

日本部門では、ニューヨーク市内および郊外を中心としたハイエンドの高級住宅(コンドミニアムやタウンハウスなど)、

賃貸・売買、商業スペースリース、店舗仲介を行っております。

住宅・商業・投資・起業のご相談から改装等、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

  1. 2014/04/29(火) 14:35:09|
  2. 駐在員の方へ
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

駐在員のお客様へ

駐在員のお客様へ

当社をいつもご利用頂きましてありがとうございます。
ニューヨークも、いよいよ夏本番になって参りました!

照り返す様な暑さの中、物件探しを効率良くする為に、日系不動産会社では扱っていない短期・長期の優良物件沢山ご案内できます!米系なので物件数が豊富です。

私たちは、住宅賃貸含めアメリカ不動産投資、管理、売買などの総合不動産会社です。


■サービス内容
・駐在員向けアパート、マンション、戸建て、住宅の賃貸、売買
・留学生・長期滞在者向けアパート、コンドミニアム、ルームシェアーの紹介
・オフィススペース、店舗、工場、倉庫、ビルなどの商業不動産
・短期物件(ロケーション良し!綺麗な家具付きアパートメント)
  
■特別無料サービスもございます(ご相談、ご案内は無料)
・携帯電話レンタル、銀行口座開設
・電気、ガス、水道、電話、インターネット、ケーブルTVの設置代行
・レンタル家具業者のご紹介
・学校、地域、生活情報の提供
  
■モルゲージのご相談から商業不動産のリーシング・売買までご相談ください

駐在員特典
NY、ウエストチェスター、ロングアイランドなど異なる区域もお車でご案内可能です!
アフターケアーサービスも充実しています。

■ご赴任者、駐在員、政府関係者、企業派遣の方向けサービス
   弊社では新しく来られる赴任者がスムーズに安心してアメリカでの生活をスタート
   できるようにお手伝い致します。
   大手日系企業様から世界中の個人事業主の方々と長いお付き合いをさせて頂いております。
   ご入居してから退去するまでお任せください。

ご満足頂ける物件が見つかるまで、最後まできちんとお付き合い致します。
引き続き宜しくお願いいたします。


ニューヨーク州認定不動産取引士
Greybar Building (Grand Central駅上です)
420 Lexington Avenue, Suite 430 
直通: +1-212-599-7697
+1-212-203-3064(日本語)
osaka@startsnewyork.com Read more

Topic:ニューヨーク - Genre:ForeignCountries

  1. 2013/07/15(月) 08:34:44|
  2. 駐在員の方へ
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0