FC2ブログ

【アジア部代表者プロフィール: Akiko】
単身渡米留学、卒業後、外資系土地開発会社に就職。

ニューヨーク・ニュージャージーの開発プロジェクトに携わり、その後、大手米系総合不動産会社に転職、
エージェントとして10年以上、投資、商業および住宅賃貸管理を経験してきました。

日本とは規制・商習慣の異なるNY不動産の特性や魅力などマンハッタンの活きた情報を、現地からお届けします。

ブログランキングに参加しております!応援クリックをお願い致します。↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へジモモ ニューヨーク
にほんブログ村にほんブログ村     
不動産ランキング

【Turtle Bay】タウンハウス一棟のレンタルのご紹介です。

皆様、いかがお過ごしでしょうか

ここ、ニューヨークはようやく初夏到来といった感じです。



本日は、大坂専属物件のご紹介です。

Turtle Bayエリア(East 45~50丁目界隈)、タウンハウスのご紹介です。

喧噪から少し外れたTurtle Bay、あのWaldorf Astoriaも顔負けの、オークション物件です。



リビングルーム



living.jpg



シャンデリアはYoko Onoからオークションで購入, タペストリはフランスで購入されたもの。


dining.jpg


こちらは、プロのシェフも顔負けの、キッチン横のダイニングルーム。
椅子はジョージ・ワシントンの私物を、これまたオークションで購入。

4ベッドルーム、5.5バスルーム。

タウンハウス一棟、$22,500/月レンタル致します。



foyer.jpg


グランドセントラル駅まで徒歩圏内。



Minimum、一年契約より。



内見ご予約はAkikoまで:

212-252-8772

Akiko@nestseekers.com


【アジア部代表者プロフィール: Akiko】
単身渡米留学、卒業後、外資系土地開発会社に就職。

ニューヨーク・ニュージャージーの開発プロジェクトに携わり、その後、大手米系総合不動産会社に転職、
エージェントとして10年以上、投資、商業および住宅賃貸管理を経験してきました。

日本とは規制・商習慣の異なるNY不動産の特性や魅力などマンハッタンの活きた情報を、現地からお届けします。

ブログランキングに参加しております!応援クリックをお願い致します。↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へジモモ ニューヨーク
にほんブログ村にほんブログ村     
不動産ランキング

米国では、室内にランドリーはないのが一般的!

ここ数日は、すっかり春(夏)~なニューヨークです。

暖かいのは気持ちが良くていいのですが、郊外では、花粉が舞い散ってくしゃみが大変・・

5月下旬ともなると、もう夏の始まりです!

結局今年は、3~4月中は意外と寒い日が続き、暖冬だったわりには、

春らしい春もなかったような気がします。

さて、今日は、皆さまの生活の一部でもある「ランドリー」について少しお話ししたいと思います。

こんなにいい天気だと、お洗濯も気持ちいいもの、というのは日本人だけ(?)の感覚。

アメリカでは、洗濯ものを干す習慣がありません。

そして、不動産法律的な目からでいうと

景観が損なわれる、というのが第一の理由です。

では、どこに干すのか?というのが問題なのですが、ほとんどの人が乾燥機を使用します。

日本では、洗濯物は言わずと天日干し。

米国では、各自治体によって、法律も若干異なるようですが高級住宅街に行けば行くほど、

外干し禁止令として訴えてくる人もいるほどです。

とここで、ニューヨーク(というか米国)のランドリーに関する常識をご紹介致します。

一般的に、こちらの住宅(一般賃貸ビル、一部のコンドミニアムを除く)には洗濯機がついておりません。

家具付き物件の場合、冷蔵庫・冷凍庫・電子レンジ具備は常識的範囲内です。

しかし、ランドリーは、日本とは異なった配管(プラミング:Plumbing)構造上、

ランドリーを室内に取り付けることができません。

ビルディングの規制により禁止されているところもあれば、組合を持っているコンドミニアムに設置許可申請を出したりせねばならず、

審査許可を得るにもそれは至難の業であります。

貴方がいずれ、マンハッタンで物件を購入される際には、まずこういった点から検討の必要があります。

ランドリーを室内に設置することで、結果的にValueだけでなく保険・税金・メンテナンスコストが上がり、

家主にとっては頭が痛い問題であることは事実なので、室内設置を嫌がるオーナーが殆どです。

ビルによっては、地下にランドリーがついており、住人または住人の雇うメイドや清掃員のみ使用することができます。
(賃貸ビルのランクによりますので、賃貸ビルでも室内にランドリーがあるところもあります)

郊外の戸建ては、大抵、家の地下などに洗濯機を設置しております。

因みに我が家はコンドミニアムなので、室内にランドリーを設置、近日買い替えたばかりなのですが、

そのランドリーの使用頻度によってランドリーのValueも下がるので、持ちのいいパワフルなGEが圧倒的にお勧めです。

(LG製品は欠陥が多く、お客様から家主へのクレームが多発しており個人的にお勧め致しません!)

また、GEはカスタマーサービスがExcellentです。



+++++++++(余談)+++++++++

★ここでっ!私のおすすめ洗濯洗剤は、こちら。お肌にやさしい特集。主婦におすすめ!!

Trader Joe'sブランドです 

重曹入りも



★柔軟剤のおすすめは、こちら



駐在員の奥様にも大人気のWhole foodsでお求めくださいませ(私も大好きなお店ですが・・)


香りふんわり💛 目指せふんわり女子。



++++++++++++++++++++

話がずれましたが、ランドリーがビル内にないとなると、

近所のLandromatへ行く必要があります。これが、結構しんどいらしいです。。

雨が降っても雪が降っても、重い荷物をもってランドリー通いは避けたいもの。

Credit cardもしくは最近はとんとみない、Quarterコインでガチャン形式です。

それでは、皆さま・・・

米国でも、めげずにランドリー生活を送りましょう!

Happy Laundry!(?)

(雑な終わり方ですみません。)

あきこ

Nest Seekers International |Japan Desk(日本語): (212) 203-3064 | e:akiko@nestseekers.com 
Licensed Real Estate Broker NY, NJ, FL, CA ·Tel: 800-330-4906·© 2001-2017 Nest Seekers LLC. BRE# 01934785
免責事項:本サイトは筆者個人のサイトであり、サイト内のコンテンツはNest Seekers Internationalをはじめ特定の企業や団体の意見を代表するものではありません。
また全ての内容は本サイト利用者に役立つことを目的に書かれていますが、法的な裏づけや正当性、完全性、有用性などを保証するものではなく、
掲載情報にもとづいて、
お客様ご自身の判断で起こされた行動によって生じた損害・障害・不利益などに対する責任は一切負いかねますことをご了承ください。