ライフオブニューヨーク

外資系不動産会社にて勤務。ニューヨークの魅力をご紹介するため、飲食事情、不動産のお話などなど活きた情報を日本人スタッフと共に現地からお届けします。

日本部門代表よりご挨拶

「日本とニューヨークの橋渡しとして」

今日、電子産業の目覚ましい革命と進化によって、膨大な情報社会の中に生きる現代の私たちは、
国内外問わず、次世代に向けての更なる発展意義や変化が問われる時代となりました。
ありとあらゆる分野の膨大な情報が溢れる今日、経営者の方々にとって、
国外発展を目指す際に舵取りとなるには、もちろん現地の人脈開発・形成になるわけですが、
未開発地に対する情報収集、特に正確さや信憑性を示したデータを集約することは容易なようで実は困難です。
ある程度の情報入手ができても、最終的には現地の生きた情報や人脈が必要になります。

また、国外に支店を置く日系企業でさえも、経済や事業内容の変化に伴い、人事や経営改革も変化していきますので、
現地の情報発信または入手の重要性はご理解頂いている事と存じます。


「意義有る情報を、世界で活躍する日系企業・個人の皆様に」


当サイトは、弊社の利益に特化したものではなく、生きた「現地からの」情報提供や、適切なリスク開示をすることを目的としたものです。

自身が米系不動産開発会社に飛び込み日系不動産会社との大きな違いに気づいたことのひとつに、現地ニューヨークの米国組織の中で率先力のあるエージェンシーがほぼ無いことでした。これはつまり、結局のところ現地の日系不動産会社の多くは現地駐在員の賃貸に特化しているため、こと売買や開発など大きい案件に対しては後ろ向きで、米国人組織の中で取り扱っている最新システムや有益な情報の共有ができておらず、またどこの業者のサイトを見ても古い物件情報や同様の内容ばかりが目立っているように感じます。
これでは、日本国内・国外にいながら有益な「情報収集」をしようと思っても、スタート地点から、既に出遅れてしまっています。
自分自身、日本人のいない環境の中で、長年ここニューヨークで様々な人種に揉まれながら、得たものは大きいと感じています。そして、世界中からのお客様との出会いを通じて、更にニューヨークという街に魅力を感じるようになりました。

不動産業は、人と人とのビジネスです。この仕事を通じて、世界で活躍するお客様方と出会い、お客様のニーズにあった人脈と情報のマッチングにより、最終的に企業経営者や起業家の方々の事業計画のご参考に、また個人であれば今後の資産形成などのライフプラニングの参考としてお役立て頂けましたら幸いです。
そして最終的に、ニューヨークという街を好きになって頂ける機会の場に出来たら幸いです。


                            
                            日本部門代表・大坂 晶子
  1. 2018/02/01(木) 11:35:55|
  2. ご挨拶
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0